効き方によって分けられる種類

医薬品の分類

前にも掲載しましたが、医薬品にはいくつかの分類があります。
そもそも医薬品とは何でしょうか。一つの定義として日本薬局方に載っているものということが挙げられます。その中で医師の処方箋が必要な医療用医薬品、OTC医薬品医薬品と言われる一般用医薬品にまず分かれます。
ネットで購入できるのは一般用医薬品と呼ばれるものです。その中にスイッチOTC医薬品というものがあります。これは医療用医薬品から店頭での販売ができるように分類が変わったものです。医療用医薬品と成分や用量が全く同じものがほとんどで、そのためしばらくはネット販売は薬剤師を通してもできません。期間は未定です。そのほかの第1類から第3類までの医薬品は第1類は薬剤師を通してですが第2類第3類とともにネットでも購入できます。

分類による危険度の見方

危険度としましたが、裏を返せば効能効果、いわゆる効き目の強さということもできます。
上記の分類の中で一番効き目が強いとされるのは医療用医薬品です。つまり薬としての効き目も強いし毒となる副作用も強いのです。ここに分類される薬は効き目のほうだけを見ても用法用量を守らないと効き目の出方が本来のものとは違ってきてしまうのです。守っていても体質に合わなければ毒にすぐに変わってしまうこともあります。
専門家によるコントロールが必要だというのはこの点になります。
スイッチOTCがネットでは購入できない理由も同じでまだまだコントロールが必要なのです。第1類になれば店頭での販売実績も多く、効き目や副作用などの市販後のデータも豊富なので薬剤師経由でならばネットでも購入できるようになります。ですのでそれ以外はもっとデータがあり、効き目は上記に比べると弱いですが副作用も出にくいのでネットでの購入がより簡便になります。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ