体の不調やけがを治す製品

医薬品をネット購入する際に気を付けること

なぜ他の製品とは違う注意点が出てくるのでしょうか。これからそれを見ていきましょう。
医薬品というのは人間の身体に直接作用します。病気の時に飲んで症状が治まると、聞いたと判断します。しかし「薬にも毒にもなる」という言葉が有ります。これはまさに医薬品の性質そのものを表しているのです。そしてそこには「使い方次第で」という枕詞が付きます。毒よりもより薬として使う術や知識を持っているのが医師であり薬剤師です。
ネットで購入するということはそのようなセーフティネットを経由せずに直接手に入れることができてしまうということになります。一部例外はありますが毒になる可能性が低い薬が購入できるので大丈夫だと思うかもしれませんね。
しかし自分で判断する責任は店頭での購入より確実に上がります。

ネット購入に潜む本当の危険

自分の責任だからいいという人もおられるでしょう。しかし薬が毒になった場合、それでは済まないのです。
店頭で気軽に購入できる薬は毒になる確率が比較的低いものが大半です。第2類、第1類と上がっていけば確率は上がっていきますが、現在はネットでも第1類は薬剤師のチェックを経て販売されます。
これらはまだ大丈夫でしょう。しかしネットは世界中とつながっています。日本では許可されていない医薬品ですら購入できてしまうのです。許可されていないということは分類などのセーフティネットは働かず、チェックを受けないまま手元に届き服用してしまう…、結果重篤な副作用に陥ることも考えられるのです。時には命を危険にさらします。
また、許可されているものでも日本国内でなかなか手に入らず海外からネット購入したら粗悪品や全く違う中身だったなどということにもなりかねません。
様々な点から注意が必要になってきます。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ